« お金持ちの国会議員と官僚と資産家は何故政府紙幣の発行に反対するのでしょう | トップページ | 正社員をパート、アルバイト、派遣社員等の非正規社員にした場合の問題点 »

2011年12月18日 (日)

『政府紙幣は政府の負債』は全くの嘘

世の中に『対国民日銀紙幣直接支給』(ヘリコプターマネー)運動がある。これは『政府紙幣を発行し、日銀紙幣に両替して全国民に支給せよ』という災害復旧と貧困救済と経済活性化を図る壮大なプログラムである。

(「政府紙幣は政府の負債」「政府貨幣は政府の負債」…これは「真」である)等と仰っているお方がいらっしゃいますがそんなことはありません。

政府の発行した紙幣も貨幣も政府の負債ではなく『政府紙幣と政府貨幣は政府が造りだした通貨という国民の経済生活を潤沢にして滑らかな消費市場経済に於ける活動を維持する為の有効な経済道具』の事を言うのであり、通貨全体の仕組自体そのものが国民の所有物であり大いなる貴重な国民の財産です。

そもそも政府そのものが国民のものであり、政府紙幣そのものも国民のものである。

日銀も独立した存在とはいえ、本来は国民のものである。

過去に於いては政府の方針によりハイパーインフレを招き国民に多大な迷惑をかけた。

再びそのような不始末を仕出かす事がないようにと政府から切り離し、独立性を国民が認めているものなのである。

その国民の意向を無視し、経済的弱者に負担を強いて富裕層に都合の良い政策を取り続けることは、適切ではない。

政府紙幣発行反対のこじつけ理由に『ハイパーインフレ防止』というお題目がある。

政府紙幣を発行し、日銀紙幣に両替し、国民に直接支給する事は当然の事ながらインフレを指向する事になる。デフレ傾向が続く日本経済にとってインフレへ向かう事は経済復興の面で有利であり全く問題は無い。

貧困ゆえに必要な物が買えない人々にとってボーナスとベーシックインカムは内需拡大の大きなエネルギーになる。

 

  コピーフリー  リンクフリー

http://homepage2.nifty.com/niwaharuki/siyokun1998-5.htm

http://mihoh.seesaa.net/article/101840200.html

http://ja.rael.org/download.php?view.32

http://oneness-net.jp/pao-updates/index.htm

http://akashicflare.himegimi.jp/

http://www.youtube.com/watch?v=3TgeCxhN7Kw

|

« お金持ちの国会議員と官僚と資産家は何故政府紙幣の発行に反対するのでしょう | トップページ | 正社員をパート、アルバイト、派遣社員等の非正規社員にした場合の問題点 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570276/53514743

この記事へのトラックバック一覧です: 『政府紙幣は政府の負債』は全くの嘘:

« お金持ちの国会議員と官僚と資産家は何故政府紙幣の発行に反対するのでしょう | トップページ | 正社員をパート、アルバイト、派遣社員等の非正規社員にした場合の問題点 »