« 経済的弱者救済こそ経済活性化の王道である | トップページ | 国は経済的弱者救済を最優先すべきである »

2011年12月29日 (木)

経済が行き詰まり対応を誤れば、日本経済が破綻し富裕層にも影響が及ぶ

米国は日本と異なり国内に貯蓄が少なく、低金利で国債を発行し続けることができない。ドルは益々弱くなる。米国が経済破綻すればその影響は真っ先に日本に及ぶ

日本はまだ大丈夫だと安心している御仁も多いようだが米国と経済的に密接な日本の現状を考えると米国の経済破綻は日本の経済破綻の誘発原因になることが危惧される。

『日本は国と地方の借金の債権者は、その95%が日本の国民自身であるから心配無用』と宣う御方がいらっしゃるが、とんでもない勘違いである。国は国、個人は個人である。

経済が行き詰まっても
個人は預貯金にしがみついて離さないことは明々白々である。誰一人自ら金融資産を手放す人はいない。

日本全体の債務残高総額がこのまま膨張し続ければ、結果的に国家財政が行き詰まり、対応を誤れば経済破綻し多くの犠牲者を出した上で一からの出直しとなる可能性もある。

いざというときは政府の通貨発行権を行使すれば良いと暢気に構えず直ちに政府紙幣を発行し、日銀紙幣に両替して国民の全てに支給し内需の拡大を図るべきである。

いまだに経済的理由に因る自殺と餓死者を増大させ続ける政府の対応を考えると取り返しのつかない事態を招来させる危険性もある。

日本経済の行き詰まりの全責任は政治家と日銀と財務官僚にある。

経済破綻のリスクの小さいうちに内需の拡大策を実行すべきである。

政府が対応を誤り経済が破綻した場合は食料や商品の流通に大きな支障を来たし、政治家も公務員も大企業家も一般庶民も国民の全てが路頭に迷うことになる。

私の息子は公務員である。それ故、なお更に内需を拡大させ経済を復興させていただきたいのである。

国会議員と日銀と財務官僚はその智慧で内需を拡大し、経済を復興させるべきである。

国民は誰も政権争いを望んではいない。議員同士の揚げ足取りは望んでいない。

官僚が内閣に従わなければ法律を変えてでも内閣の権限を徹底的に強化し、官僚を指導し、指示、命令できる体制にすべきである。

また、内閣は官僚を上手く使い経済的弱者救済の為に官僚の知識や智慧を引き出すべきである。

とは言っても庶民を苦しめる消費税増税などの浅知恵を官僚から提案され、鵜呑みにするようでは国会議員としての資格はゼロである。 

官僚の知識や智慧を引き出すといっても庶民の窮状を無視し、官僚自身や大企業家と政治家を更に肥え太らせる悪知恵では困る。

また、内閣は国民の代表である。官僚が内閣の指示、命令に従わなければ懲戒解雇すべきである。

官僚のトップにいるのは司法である。政治家が司法の呪縛に囚われては正しい経済の舵取りは期待できない。 

経済が行き詰まり、多くの犠牲者を出してからでは遅い!!   政治家も官僚も『その時になってから対応すれば済む』と高を括っているが、その時になってからでは遅いのである。

滝壺に落ちる直前になって岸に向かって泳いでも遅いのである。多くの餓死者を出してからでは遅いのである。経済的困窮から自殺する人々が増えてからでは遅いのである。

国民に直接現金を支給することは資源配分を歪めモラル面で許されないとする御仁もいらっしゃる。

しかし、金融資産が富裕層に集中する貨幣経済システムと、少ない労働者で事足りる自動化が進む高効率機械化産業と、西洋医学に基づく膨大な総医療費と、公務員の高額俸給からなるシステムの欠陥は、資産の大半が最終的に資本側や富裕層に集中し、消費経済市場のパイを小さくし、失業者を増大させ不況の大きな原因を作ることにある。

そんな簡単なことも分からず、自らの金融資産の減価を嫌い消費税増税で済まそうとする考えは守銭奴思考そのものである。

 

 

政府紙幣を発行し、日銀紙幣に両替して国民全てに6月に10万円、12月に10万円のボーナス及び毎月2万円のベーシックインカムの支給を提案する

貧困層に対する日銀紙幣の給付はデフレの特効薬と判断し、実現を望む人たちが増えている。

公務員人件費削減と富裕層からの税収の拡大と特別会計から一般会計への繰り入れと西洋医学から自然療法への方針転換に依る総医療費の削減と、更に政府紙幣を発行し、日銀紙幣に両替して拵えた財源は被災者への見舞金と国民へのボーナスと毎月のベーシックインカム支給と託児所、保育所、幼稚園の建設及び保育士等の育成と就業に使用し、安心して子育てができる環境を作るべきである。

更に特別養護老人ホームやホスピタルの日本各地への増設及びホームヘルパーや看護士等の医療従事者の育成と就業に使用し、老後の不安を解消すべきである。

これらの対策を怠れば生活に困窮する人々の夢を奪い、生きる気力を奪い、これからも年間三万人以上の自殺者と年間70人を遥かに超える餓死者を出し続けることになる。素早い対応が求められている時代なのである。

政府の失敗を恐れない勇気ある対応を国民は求めている。嘗て、してはならない議案をぶち上げ成立させた御仁もいらっしゃるが、その勇気に敬意を表したい。

失敗したら修正すれば良いのである。何もしない方が遥かに経済行き詰まりに因る犠牲者増大のリスクが大きい現状を認識すべきである。

失敗を恐れ国民の非難を恐れ責任の回避を望んで何もせず、議員同士の権力争いに現を抜かすだけで唯高給を貪るのみにては国会議員として或いは官僚としての価値は無く、経済活性化の具体策を持っていないのなら直ちに議員バッジを外し官僚は職を辞すべきである。

この提案を良く吟味すれば『国民全てに一人当たり年間20万円のボーナスと毎月2万円のベーシックインカム、年間合計44万円を支給することは内需を拡大し経済活性化の原動力になることが、最終的に経済的に裕福な方々にとっても必要な条件である』ことが判るはずである。

44万円で不足なら更にボーナスとベーシックインカムを追加支給すれば良いのである。

素人でも分かる経済の行き詰まりの原理が理解できない、あるいは原理が分かっていても実行する勇気が無いのであれば政治家も官僚も自らの職を速やかに辞すべきである。

富裕層の方々は資産を海外に逃避させたり金(ゴールド)を買ったりして財産の保全を図る。あるいは海外での生活を選択する。それはそれで素晴らしいことかも知れない。しかし、米ドルも、ユーロも、元も他の如何なる通貨も安全とは断定できない。

世界的に経済危機が深刻化し、犯罪やテロが増加しつつある中で日本より治安の良い国を見出すことに確信が持てるかどうかも疑問である。

万一経済破綻した場合は、金、銀、宝石を食品や生活必需品にトラブル無く自由に自分に都合よく交換できるとは限らない。

海外で生活するにしても様々な難問が待ち構えていることが危惧される。住むならやっぱり日本に住むことを薦める。

日本の経済が行き詰まったり、対応を誤り経済破綻させ、多くの犠牲者を出した後に一から出直しなどということが無いように守銭奴の心を捨て国民の為に役立っていただきたい。

それが富裕層の方々にも最終的にプラスに働くことを知るべきである。

日本の経済の行き詰まりや経済破綻は富裕層の方々にも必ず不都合な結果を及ぼす。

万一経済破綻すれば富者も経済的弱者も楽しい生活は有り得ない。経済が破綻すれば犯罪は更に増加することになる。

 

 

政府紙幣を発行し、日銀紙幣に両替することは最も効率的な『紙幣という道具』の作成手段である

見かけ上は、富裕層にとって不利に見える『政府紙幣を発行し、日銀紙幣に両替して国民にボーナスと毎月のベーシックインカムを支給する』ことは、実は国内需要を喚起して経済復興を成し遂げ、結果的に富裕層もその恩恵に預かることのできる最良の経済復興策であることを理解すべきである。

『政府紙幣を発行すると自らの金融資産が減価する』という想いに囚われる人々は、理論として成り立たない様々な屁理屈を並べ立て、アフォな理論武装にならない理論武装で政府紙幣発行に反対している。

政府紙幣を発行し日銀紙幣に両替して国民に直接支給することは単に被災者や経済的弱者を助けることができるというだけではなく日本経済の飛躍のチャンスも得られるものである。

何故なら、国民への金融資産の循環がなされるなら内需を拡大し、経済を復興させる事ができるからである。

 

 

資本主義にしても社会主義にしても共産主義にしても貨幣経済を選択する以上、金融資産の大半は富裕層である権力側に集中する事になる

富裕層に金融資産が集中する状態が延々と継続するなら、国の経済活力は次第に衰えやがて経済は行き詰まる。

経済を復興させるには庶民に購買力を与え、内需を活性化しなければ経済はますます疲弊する事になる。

政府紙幣を発行し日銀紙幣に両替して国民に直接支給しなければ経済の低迷は続き、餓死と貧困故の自殺という弱者の犠牲はこれからも続く事になる。

庶民の困窮を無視して富裕層の目先の貨幣価値温存を謀るために政府紙幣発行を妨害することがあってはならない。

東北地方大震災の被災民を助け、庶民の困窮を救い、経済の活性化を達成できる『政府紙幣発行に依る日銀紙幣の庶民への給付』は何者も邪魔してはならない国家的ビッグイベントである。

 

 

政府紙幣発行権を国民の手に取り戻せ ! !

日本国憲法第25条には『すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する』とある。

しかし、現実にはお金が無いので生活することもできず、生活保護を拒否された大勢の方々が餓死で亡くなり、仕事に就きたいと面接に望むも悉く断られ自殺される方々は数知れず、今も餓死者と被災や経済的理由に因る自殺者は増え続けている。

日銀官僚も財務官僚も東大出の超エリートが多いと聞く。超エリートとは国民が豊かで文化的な生活が送れる平和な社会を作る知識と能力とやる気のある『日本の礎』となる人々の事だと思っていたが、これは私の大変な勘違いであった事が分かった。

災害復旧も経済復興の知恵も無く、ただ官僚の言うがまま、のったりそったり、のんべんだらりんと働く真似事だけで、権力闘争に邁進するだけの箸にも棒にもかからない政治家も、国民自身が選んだ者なれば何とも致し方が無い有様である。

 

 

政治家も官僚も為政者の心には民に対する愛もへったくれもない

官僚は日本の経済復興もできず、大災害の対応も能力不足の政治家におんぶに抱っこで知らん振り。

超エリートの能力とは自らの稼ぎを最大限に維持する為の能力の事だったとは全く驚きである。その証拠がこれである。

年収ラボ(http://nensyu-labo.com/2nd_koumu_ranking.htm)によれば平成18年度の公務員の職種別推定年収ランキングは内閣総理大臣5141万円、最高裁長官5141万円、衆参両院議長4857万円、国務大臣3753万円、事務次官3011万円、国会議員2896万円、局長クラス(国家・一般職)2291万円、特殊法人の長2235万円、都道府県知事2222万円、独立行政法人の長1886万円、特殊法人理事 1861万円、この後に公務員の1000万円以上の高額俸給がズラズラと続く。

国家と地方運営の全費用即ち官僚を始めとする国家公務員と地方公務員の総人件費は平成19年度は29兆円である。更に天下りに使われる血税は莫大な金額である。

その一方で、民間企業の現状はどうなっているのかと言うと、平成19年度の民間の給料生活者の四割は年収300万円以下で上場企業を入れても平均年収は437万円である。

公務員の俸給は高すぎるから2割カットだ、やれ3割カットだと声は掛かる。しかし、40歳代、50歳代と一直線に昇給していく公務員の昇給システムに問題がある。

問題は高額俸給の多くが預貯金に廻され経済の非活性化に繋がっていることである。

公務員の俸給カットは若い人も年配者も一律に減額するだけではなく、預貯金を増大させ消費経済市場の非活性化に影響する800万円を超える俸給金額を100%カットすべきである。

 

 

東日本大震災の災禍は余りにも大きすぎる。消費税増税で済まそうとする浅知恵にただあきれ返るばかりである

東日本大震災の災禍と経済の低迷は消費税を上げることで更に悪化することは明々白々である。

与えられたこの状況に対する災害復旧と経済復興は緊急を要するのである。直ちに政府紙幣を発行し日銀紙幣に両替して国民に直接支給すべきである。

政府紙幣も日銀紙幣も庶民の為に存在する立派な『円滑な経済を維持するための道具』である。

政府は庶民の為に存在する。庶民が主権者なのである。ところが現実には政府は庶民の幸福追求権を無視し、憲法25条も棚上げし、災害にも薄目を開けて眺めるだけで対応は真似事にも及ばない。

災害復旧も経済復興も上の空、議員も官僚も左団扇で暢気にかまえ国会で役者並みの芝居を見せるだけで相変わらず権力闘争のみで高額俸給を受け続けている。

 

 

『庶民の為に存在する政府紙幣の発行権』を庶民の手に取り戻し政府紙幣67兆円を発行し、日銀紙幣に両替して10兆円を災害復旧に当て、57兆円を国民全てへのボーナスとして一人当たり年間20万円、ベーシックインカムとして毎月2万円、年間24万円、合計44万円を支給することを提案する。

貧困に因る自殺者や年間70人を遥かに超える餓死者の犠牲の上に議員と官僚は胡座をかいていることを忘れてはならない。

国民の全てに年間44万円を支給することは餓死や経済的理由に因る自殺の増加を減少させることに役立つだけではなく内需を拡大し、経済復興と生活苦に起因する犯罪の減少にも役立つ。

 

 

自動化による高効率、大量生産の問題点

機械化産業が究極的に行き着く先は、自動化による大量生産高効率生産が進み、少ない人員で大量の生活必需品が提供されるようになることである。

現に先進技術立国においては多くの分野で自動化が進み、更に自動化の限界がある多くの企業はコスト削減を理由に国内の生産工場を閉鎖し労働者を解雇し生産工場を技術と共に人件費の安い海外に移転し失業者の増大を招いた。

アメリカ大手証券会社リーマン・ブラザーズが経営破綻した金融危機による世界経済全体への打撃も加わって失業者が更に増え続けた。

少ない労働者で事足りる自動化の進む高効率生産、失業者の増大、消費の低迷という経済不況の悪循環に陥った現状は自殺の原因にもなっている。

現在の経済不況は、自動化を推し進め労働者を少なくし企業の更なる利益追求を求める人間の本性が露骨に表れてきた結果とも言える。

問題は機械化産業がやがて行き着く先は完全自動生産システムであり、全てをロボットが行うというロボット社会の未来が待っていることである。

高度に進化したロボット社会では一次産業も、二次産業も、三次産業もロボットが行うという想像を絶する世界が待っている。究極的には労働者を必要としない社会になる。

即ち、現在の経済不況は過去の経済不況とは全く異質の経済不況であり、その本質を見失ってはならない。

現在の経済不況は富裕層に金融資産が集中する貨幣経済システムの欠陥と、莫大な公務員人件費と莫大な総医療費に対する国民の税負担と、更に機械化産業システムの特質とも言える未来に於けるロボット社会の一端が垣間見えてきたものと言える。

労働者を必要としない社会が未来の社会では現実のものとなる。

これからの社会は完全なるロボット社会に到達するまでは、資金が国により経済的弱者に分配されて消費が行われる社会とならざるを得ない。

さもなければ経済破綻する度に国民に大きな犠牲が強いられた上で一からの出直しとなる。

特に食糧自給率4割の我が国が経済運営を誤り経済破綻した場合は国民の多くが餓死するような状況が危惧される。

家畜類に与える穀類を廻せば自給できるとする説を唱える方もおられるが富裕層が全て穀類で我慢できるとは思えない。

遠い未来の世界では繊細さが要求される理髪店の髭剃りもロボットがやってくれるようになる。全ての交通移動手段はロボットが安全に運転してくれるようになる。

役所がしている様々な手続きやサービスもロボットがやってくれるようになる。介護もロボットがしてくれるようになる。

そうなるとお金の存在の有意性が失われ、通貨そのものが必要なくなり現代人から見れば素晴らしい夢の世界が現出する。勿論これは人類がポカをやって滅亡していなければの話であるが・・・。

人類がポカをすることなく軍隊と核兵器を廃絶する手段を発見し実行することができ本物の平和を手に入れることができた暁にはロボットの安全管理が人類の永遠の仕事となる。

そんな夢の世界が現実となるまでは宇宙人が地球人救出に関与でもしてこない限りは本格的ロボット社会に到達するまで上手くコントロールしながら貨幣経済システムを続けて行かざるを得ない。

それまでは失業問題も大きな課題として残り続けることになる。低額年金生活者や派遣社員、期間従業員、パート従業員、アルバイト等の非正規社員、失業者等の経済的弱者が文化的生活を維持出来る様に国の支援が求められる。

 

 

私の息子は公務員

私の息子は公務員である。何故息子の恨みを買うようなマネをしているのかと訝る御仁も居られるかもしれない。

しかし大方の御仁が理解されておられるように借金大国日本の債権は、その殆どが大企業家、資産家、政治家、官僚を始めとする国家公務員や天下り、地方公務員の高額年俸受給者に帰結する。

このまま日本経済を成り行きに任せれば日本は確実に経済が行き詰まり、万一対応を誤り経済破綻させたなら公務員の俸給は半分、或は民間以下、ボーナスは無し、退職金も無しなど公務員もまともに暮すことは困難な時代が訪れる。

私は私の息子と他の公務員そして大企業家、資産家の生活を守るためにも前記の提案を実行に移していただきたいと望んでいる。

大企業家、資産家、政治家、官僚を始めとする国家公務員や天下り、地方公務員等の高額年俸受給者への金融資産の集中放置が中間層、貧困層の購買力を貶め内需を萎縮させ、消費経済の非活性化を招いた。

内需拡大策を無視することが日本を経済破綻に追い込む元凶であることを理解していただきたいのである。

 

http://homepage2.nifty.com/niwaharuki/siyokun1998-5.htm

http://ameblo.jp/lightening-bolt/entry-11008524596.html

http://mihoh.seesaa.net/article/101840200.html

http://ja.rael.org/download.php?view.32

http://oneness-net.jp/pao-updates/index.htm

http://akashicflare.himegimi.jp/

http://www.youtube.com/watch?v=3TgeCxhN7Kw

|

« 経済的弱者救済こそ経済活性化の王道である | トップページ | 国は経済的弱者救済を最優先すべきである »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そんな事する位なら、相続税をゼロにして国家の資産(土地とか森とかビルとか)を国民に売ればいいのですよ。

日本は欧米とくらべて国家が資産をたくさん持っていますから、それだけで問題は解決しますよ。

投稿: みやとん | 2011年12月30日 (金) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570276/53599551

この記事へのトラックバック一覧です: 経済が行き詰まり対応を誤れば、日本経済が破綻し富裕層にも影響が及ぶ:

« 経済的弱者救済こそ経済活性化の王道である | トップページ | 国は経済的弱者救済を最優先すべきである »