« 2ちゃんねるへの書き込みを見る | トップページ | 『対国民日銀紙幣直接支給』(ヘリコプターマネー)運動を成功させよう »

2012年1月22日 (日)

官僚と国会議員に愛想が尽きた国民

国民の多くが官僚と国会議員に愛想が尽きている

 

日銀も財務官僚も国会議員も目を覚まし、心底から国民の幸せの為に働いてくれという想いは国民の多くの心に育っている。

餓死と貧困故の自殺は益々増えつつある。

このままでは日本の経済は潰れる。

富裕層の今まで溜め込んだ金融資産価値の低下を危惧する守銭奴の想いから政府紙幣の発行に反対し、守銭奴の態度を改める気配が無い。

自らの金融資産は年俸800万円でも家族を守るには十分な金額である。国会議員も日銀官僚も財務官僚も国民を守る聖なる職域の筈。

国会も地方自治体も守銭奴の金儲けの場所ではない。名古屋の河村市長のように最高年俸は800万円に抑えるべきである。

国会議員は多くの経費が掛かるが事務所費、秘書費、党費、出張費等の経費の全てを税金で賄う制度にすれば自らの年収は800万円でも賄うことができると考える。

更に、国民全てに年間ボーナス20万円及び毎月2万円のベーシックインカムの支給があれば1人当たり44万円の年収追加になる。

名古屋市の河村市長は自らの年俸を800万円に下げて名古屋市民の為に頑張っている。さぞや生活も苦しかろうと思う。

事務所費、秘書費、党費、出張費等の経費の全てを税金で賄う制度にして市民は河村さんを応援して欲しい。

リンクフリー コピーフリー

 

|

« 2ちゃんねるへの書き込みを見る | トップページ | 『対国民日銀紙幣直接支給』(ヘリコプターマネー)運動を成功させよう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570276/53794408

この記事へのトラックバック一覧です: 官僚と国会議員に愛想が尽きた国民:

« 2ちゃんねるへの書き込みを見る | トップページ | 『対国民日銀紙幣直接支給』(ヘリコプターマネー)運動を成功させよう »