« 『対国民日銀紙幣直接支給』(ヘリコプターマネー)運動を成功させよう | トップページ | 日銀と財務省が国民に齎す弊害 »

2012年1月23日 (月)

貧困を無くそう

日本人に生まれて良かったと思った

 

海外では多くの国で餓死で亡くなったり、仕事も無く生活できずに自殺に追いやられ多くの人々が亡くなっている。誤爆とやらで外国の軍隊の攻撃で子供を始めとして多くの民間人が殺されている国もある。

 

日本は平和で豊で、個人的には貧しいながらも毎日を幸せに生きている事に感謝する日々であった。然しながら3月11日の東北地方太平洋沖地震は巨大津波を発生させ東北地方沿岸部を悉く壊滅させ多くの犠牲者を出した。

 

更に福島第一原発に決定的ダメージを与え東北地方は言うに及ばず日本全域にその被害を拡大化させている。警察、消防、自衛隊による救援活動が実施されているが広大な東北地方沿岸部全てを完全に補うという訳にも行かず多くの被災者はボランティアによって助けられている現状である。

 

今の日本は貧困層も大きく拡がりつつあり、それに加えて東北地方の被災者は数十万人にも及ぶ。

 

被災者を助け、更に貧困を無くし経済復興を成し遂げる事は緊急を要している。災害復旧に10兆円、そして経済的弱者救済と経済復興の為57兆円、合わせて67兆円を国民に緊急に直接支給すべきである。

 

被災者に対して取りあえず緊急に100万円の見舞金を送るべきである。更に経済的弱者救済と経済復興の為全国民に対して一人当たり年間20万円のボーナスと毎月2万円のベーシックインカムとして24万円、一人当たり年間44万円 を支給すべきである。

 

『ハイパーインフレ防止』や『財政規律の遵守』を錦の御旗に、国会議員や日銀官僚、財務官僚を始めとする他の富裕層も悉く自らの金融資産価値の低下を嫌う守銭奴と化し政府紙幣発行の行く手を阻んでいる。

 

今こそデフレ経済を払拭し、災害復旧と経済復興と弱者救済を一気呵成に成し遂げる大チャンスが目の前にある。

 

にも拘らず政治家と日銀と財務官僚は『政府紙幣発行は禁止』であると一歩も引かない頑迷を維持し続けている。このままでは日本の経済は潰れる。犠牲者は増え続ける。

 
 

|

« 『対国民日銀紙幣直接支給』(ヘリコプターマネー)運動を成功させよう | トップページ | 日銀と財務省が国民に齎す弊害 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570276/53801667

この記事へのトラックバック一覧です: 貧困を無くそう:

« 『対国民日銀紙幣直接支給』(ヘリコプターマネー)運動を成功させよう | トップページ | 日銀と財務省が国民に齎す弊害 »