« 老後の不安を解消すべきである | トップページ | 日銀と財務官僚が日本経済の根幹を握っている »

2012年1月17日 (火)

原材料を確保し、米の増産に励む

経済的弱者救済による内需拡大を放棄し、国全体の長期債務残高も増え続けるなら経済の行き詰まりを招く事になるので現状を放置する事はできない

このまま赤字国債が増え続ければ不安を抱える人も多くなる。

赤字国債の増加をのんべんだらりんと放置しないで国を挙げて円の価値が高い内に海外の優秀な技術を持つ企業を買収し、海外からレア・アースや様々な原材料を可能な限り多く確保し、減反を中止して米穀の増産と備蓄に力を入れ最悪の事態に陥っても生活必需品が不足したり食糧の輸入が出来ず国民が餓死する事がないように万全を期すべきである。

このままでは日本の経済は潰れる。

繰り返し申し上げるが、早急に東北の被災者に取り合えず見舞金として百万円、国民の全てに年間20万円のボーナスと毎月2万円のベーシックインカムを支給して内需の拡大を図るべきである。

政府紙幣を発行し日銀紙幣に両替すれば誰にも迷惑をかけずに財源を作れる。

内需を拡大すれば経済を活性化でき、結局富裕層も更に豊かになれる。

|

« 老後の不安を解消すべきである | トップページ | 日銀と財務官僚が日本経済の根幹を握っている »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570276/53760927

この記事へのトラックバック一覧です: 原材料を確保し、米の増産に励む:

« 老後の不安を解消すべきである | トップページ | 日銀と財務官僚が日本経済の根幹を握っている »