« 真の民主主義の第一歩は供託金制度を廃止することである | トップページ | 高速道路を無料化せよ »

2014年6月23日 (月)

国民に対するマスコミの任務と責任

間違った経済政策のために経済的理由に因る自殺と餓死を放置してはならない。この問題を放置する政府を追及することはマスコミの任務であり責務である。

世界には世界の全ての国民を餓死させることのない十分な食料が存在する。世界には世界の全ての国民に文化的な住居と生活必需品を提供できる原材料が存在する。

私の知る限り世界の全ての政府は経済的弱者のためではなく大企業や政治家、官僚を始めとする国家公務員と地方公務員の高額年収受給者のために機能している。

政治の最も重要な役割は富の再分配である。なぜなら富の再分配が適正に行われるなら経済的理由に因る自殺や餓死を撲滅し、更に経済を活性化できるからである。

経済的理由に因る自殺と餓死を撲滅することは簡単である。経済的弱者に日銀紙幣を配ればよいのである。

財源は過去のブログで述べてきたように様々にある。

|

« 真の民主主義の第一歩は供託金制度を廃止することである | トップページ | 高速道路を無料化せよ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570276/59862029

この記事へのトラックバック一覧です: 国民に対するマスコミの任務と責任:

« 真の民主主義の第一歩は供託金制度を廃止することである | トップページ | 高速道路を無料化せよ »