« 世界を支配するため中央銀行を仕組んだのは何者か | トップページ | 天界からのお知らせのコピー »

2014年10月15日 (水)

カルマが齎す未来はどの様なものか

 

 
天界から送られてくる様々な情報の中でカルマについても我々人類に伝えてきている 


 
人には新しい種をまく自由があり、良い種を蒔けば良い実を結び悪い種を蒔けば悪い実を結ぶ。人の為に良い行いをすれば、自らも良い実を得られるし、悪い行いをすれば悪い結果が待っている。 

 
良い行為、それは良好な実を結ぶ。

良い行いをして直ぐに良い結果が出なかったとしても巡り廻って良い結果が得られる。 

 
悪い行いを続ければいくら強運の持ち主であったとしても必ず未来は暗澹たるものになってしまう。これはなにも個人だけの問題ではない。国対国の場合でも市民対国でも同じことが言える。 

 
Aという国の人たちを助けてあげたならA国の人たちと自分たちの国の関係を良くするきっかけをつくることができる。

B国を侵略した過去の歴史があれば自分たちの国とB国の関係の悪化を招来させるきっかけを作ることになる。

個人対個人でも、国対国でも、市民対国であっても民族対民族であっても因果応報の真理は働くのである。真理は神理である。

過去から必要な教訓を学ぶのは大事だが、さらに大事なことは事前に神理に従って思いやりを持って行動し無用な混乱を招かないことである。

因果応報の神理により敵対すれば相手も敵対する。友好を示せば敵対していた相手もやがて友好を示す。個人対個人も、国対国も、市民対国も民族対民族も互いに思いやりを持って行動するなら明るい未来を作る礎となる。

世界は今、いたる所で争いが次々と続いている。相手を攻め続ける行為は結局は己の首を絞める結果を招く。

いたる所で改革や革命が必要とされているが暴力による革命はすべきではないし、暴力による弾圧もすべきではない。

特に政治権力集団が市民を弾圧する行為は巡り廻って己の身に降りかかってくることに留意すべきである。

政治権力を握る者は、常に国民を守ることを信条とするなら今後も国民から守られることになる。

|

« 世界を支配するため中央銀行を仕組んだのは何者か | トップページ | 天界からのお知らせのコピー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570276/60482178

この記事へのトラックバック一覧です: カルマが齎す未来はどの様なものか:

« 世界を支配するため中央銀行を仕組んだのは何者か | トップページ | 天界からのお知らせのコピー »