« 国民に対するマスコミの任務と責任 3 | トップページ

2017年2月13日 (月)

金を直接国民に支給すれば経済が動き出す

庶民は現金を支給されたとたんに直ちに潤う。

今まで買えなかったものが買える。

旅行に行きたかったところに行ける。

なぜ国に金を要求しないのか不思議でならない。

 印刷した紙幣は本来、国民のもの。国民に返せばいいだけのもの。なぜなら政府紙幣も日銀紙幣も本来の持ち主は国民。

 

日銀紙幣を国民に支給すれば良い。それを邪魔するのは莫大な金融資産を持つ富裕層。最も政府紙幣の発行を恐れるのは超悪辣暗黒勢力。

 

なぜなら、政府紙幣を発行して国民に支給されたなら自らの天文学的金融資産は瞬く間に縮小し、貧富の格差は縮小を開始する。

 

むかし米国に政府紙幣の発行を計画して暗殺された勇敢な大統領が二人いた。それはリンカーンとケネディである。

 

|

« 国民に対するマスコミの任務と責任 3 | トップページ

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570276/64890221

この記事へのトラックバック一覧です: 金を直接国民に支給すれば経済が動き出す:

« 国民に対するマスコミの任務と責任 3 | トップページ